豊田市議会/会議録検索システム
会議録検索システムトップ最近の話題から検索発言者・発言内容から検索操作説明


ご覧になれるのは平成10年3月定例会以降の本会議録及び平成20年度以降の委員会記録です。


検索語と検索条件の指定
会議期間の指定 から
まで
発言者
答弁者
議長/委員長
会議録種類の指定
すべて
定例会・臨時会会議録
議会運営委員会会議録
企画総務委員会会議録
生活社会委員会会議録
教育次世代委員会会議録
環境福祉委員会会議録
産業建設委員会会議録
予算決算委員会会議録
予算決算特別委員会会議録
教育次世代・産業建設連合審査会会議録
議会基本条例検討特別委員会会議録
中心市街地まちづくり検討特別委員会会議録
都市グローバル化研究特別委員会会議録
環境モデル都市推進特別委員会会議録
低炭素社会推進特別委員会
都市活力向上特別委員会会議録
再生可能エネルギー推進条例制定特別委員会会議録
災害対策検討委員会会議録
議会条例検討特別委員会会議録
倫理小委員会
議決事件小委員会
行財政運営検討特別委員会会議録
議員定数検討特別委員会会議録
議会活性化特別委員会
議会活性化推進特別委員会
議会活性化推進特別委員会シンポジウム・意識調査小委員会
議会活性化推進特別委員会議会報告会小委員会
全員協議会会議録
常任・特別委員長会議会議録
常任委員長会議
合併10周年検証特別委員会会
豊田スタジアムを生かしたまちづくり特別委員会
豊田スタジアムを生かしたまちづくり特別委員会小委員会
地方創生対策特別委員会
議会力向上特別委員会

平成28年地方創生対策特別委員会( 1月 6日) から  平成29年全員協議会( 3月31日)までの中で  介護保険  が含まれている定例会・臨時会会議録 は 211件  ありました。

○検索該当年をクリックすると、該当する年の検索結果を表示します。
平成28年

○会議日をクリックすると、発言内容を表示します。
定例会・臨時会会議録 該当 発言者名
平成28年 3月定例会 (第1号 2月26日) 1 市長(太田稔彦)
  ら医療・介護まで、高齢者の生活を総合的に支援する取組です。  地域健康カルテに基づ
平成28年 3月定例会 (第1号 2月26日) 1 副市長(幸村的美)
  条例は、介護認定調査員のうち、特に難易度の高い職務を行うものとして主任調査員を設置
平成28年 3月定例会 (第2号 2月29日) 1 杉浦弘
  将来的に介護など医療・福祉の観点におけるメリットにもつながるところであります。こ
平成28年 3月定例会 (第2号 2月29日) 2 市長(太田稔彦)
  での在宅介護で、そして、いよいよとなったら病院や施設のセーフティネットでといった社
平成28年 3月定例会 (第2号 2月29日) 1 小島政直
  延ばし、介護予防の充実したまちづくりの推進についてお聞きいたします。  今後さらに
平成28年 3月定例会 (第3号 3月 1日) 11 松井正衛
  る医療と介護の連携に向けてであります。  豊田市は高齢化が進む中、超高齢化社会に
平成28年 3月定例会 (第3号 3月 1日) 21 市民福祉部長(今井弘明)
  受療率、介護施設の状況、入院患者の流入出数などをもとに、政省令で定められました算
平成28年 3月定例会 (第3号 3月 1日) 2 梅村憲夫
  がい者の介護と医療の接点の問題であり、非常に難しい課題であります。  医療分野のス
平成28年 3月定例会 (第3号 3月 1日) 8 中村孝浩
  高齢者の介護予防、生活支援サービスの充実について、順次質問します。  本市の総人
平成28年 3月定例会 (第3号 3月 1日) 7 榎屋小百合
  2点目、介護予防・自立支援の取組について、我が国は世界に類を見ない少子高齢社会へと
平成28年 3月定例会 (第3号 3月 1日) 1 健康部長(竹内清美)
  高齢者の介護予防のための運動や脳トレーニングなどを自治区単位で区民会館などを利用し
平成28年 3月定例会 (第4号 3月 2日) 1 北川敏崇
  、支援や介護に対するニーズは一層拡大、多様化していくものと考えられます。こうした
平成28年 3月定例会 (第4号 3月 2日) 2 大村義則
  項目3、介護の充実について2点伺います。  小項目1、特別養護老人ホームの入所待機
平成28年 3月定例会 (第4号 3月 2日) 10 市民福祉部長(今井弘明)
  であり、介護度別では要介護1から2の方が19人、3から5の方が423人です。  
平成28年 3月定例会 (第4号 3月 2日) 8 浅井保孝
  たきりで介護が必要となったり、不自由な生活を過ごさなければならないことがわかります
平成28年 3月定例会 (第4号 3月 2日) 1 健康部長(竹内清美)
  所で行う介護予防のための事業です。  この事業では、おおむね6か月の教室を実施しま
平成28年 3月定例会 (第5号 3月 3日) 1 環境部長(高橋光弥)
  、福祉、介護・医療など多方面において連携可能な機関と連携し、状況に応じた多様な
平成28年 3月定例会 (第6号 3月25日) 1 予算決算委員長(加藤和男)
  わる在宅介護と在宅医療の連携が進展することを目指すものである。具体的な内容について
平成28年 3月定例会 (第6号 3月25日) 1 根本美春
  康保険、介護保険、後期高齢者医療の各特別会計補正予算についても、平成27年度当初予
平成28年 6月定例会 (第2号 6月13日) 2 鈴木章
  、高齢者介護、障がい者福祉、生活困窮などさまざまな分野において福祉サービスに対す
平成28年 6月定例会 (第2号 6月13日) 3 市民福祉部長(伴幸俊)
  、医療・介護・住まい・生活支援・介護予防の五つの要素を組み合わせて切れ目なく提供す
平成28年 6月定例会 (第2号 6月13日) 4 木本文也
  の実現、介護離職ゼロという二つの目的に優先的に取り組む必要があると言われています。
平成28年 6月定例会 (第2号 6月13日) 2 社会部長(塚本誠)
  点目は、介護離職を防ぐための取組の推進です。女性のみならず、男性も含めて仕事と
平成28年 6月定例会 (第2号 6月13日) 1 産業部長(原田裕保)
  児休業や介護休暇の取得の普及を含めた働きやすい職場づくりに関しまして、市内中小企業
平成28年 6月定例会 (第3号 6月14日) 14 吉野英国
  、高齢者介護サービスの充実について質問いたします。  これまで、本市の発展にご尽力
平成28年 6月定例会 (第3号 6月14日) 16 市民福祉部長(伴幸俊)
  事業は、介護保険法の改正により大きく枠組みが変わっていきます。現在の介護予防給付の
平成28年 6月定例会 (第3号 6月14日) 6 羽根田利明
  ど、家族介護者への支援強化が求められていると思います。この項では、今後増加が見込ま
平成28年 6月定例会 (第3号 6月14日) 1 教育行政部長(宮川龍也)
  手帳、要介護度4以上の介護保険証をお持ちの方のほか、発達障がいにより活字の読書に困
平成28年 9月定例会 (第1号 9月 2日) 1 副市長(杉山基明)
  ざいます介護ロボット等導入支援事業費補助金、私立こども園施設整備費補助金及び私立認
平成28年 9月定例会 (第2号 9月 5日) 2 企画政策部長(小栗保宏)
  で医療・介護需要の高まりはもとより、社会保障関連経費の増加、担い手不足など、まちづ
平成28年 9月定例会 (第2号 9月 5日) 1 市長(太田稔彦)
  の医療・介護、生活支援に関する課題、山村地域では、移住・定住、災害対応に関する課
平成28年 9月定例会 (第2号 9月 5日) 1 社会部長(塚本誠)
  ち上げ、介護、医療、保健、福祉等の部門とも連携した交通安全対策に取り組んでいきます
平成28年 9月定例会 (第2号 9月 5日) 2 杉本寛文
  2年以降介護保険制度を始め主要な福祉サービスは、行政による措置制度から利用者とサー
平成28年 9月定例会 (第2号 9月 5日) 1 市民福祉部長(伴幸俊)
  。例えば介護認定審査において認知症の疑いが強いとされる方、これは認知自立度2以上の
平成28年 9月定例会 (第3号 9月 6日) 1 社会部長(塚本誠)
  要とする介護・育児用品等の備蓄、健康衛生面の巡回体制、相談窓口、情報提供と意思疎通
平成28年 9月定例会 (第3号 9月 6日) 2 榎屋小百合
  って、要介護、高齢者、乳幼児世帯、障がい者世帯、感染症患者などの方を個室での対応が
平成28年 9月定例会 (第3号 9月 6日) 2 大村義則
   福祉・介護の観点でもお聞きします。  富山市でお聞きした分析方法は、地域包括支
平成28年 9月定例会 (第3号 9月 6日) 1 企画政策部長(小栗保宏)
  ーを含む介護福祉施設、これにつきましても、同様に徒歩圏を800メートルといたしまし
平成28年 9月定例会 (第5号 9月27日) 1 大村義則
  康保険、介護保険、後期高齢者医療の3特別会計決算についても反対すべき討論を申し上げ
平成28年 9月定例会 (第5号 9月27日) 1 山口光岳
  子育ち・介護・医療・福祉・教育・安全・安心などについて着実に施策が実施されました。
平成28年12月定例会 (第1号12月 2日) 1 副市長(杉山基明)
  条例は、介護保険サービス事業者の指定申請等に係る手数料の設定、高齢者軽度生
平成28年12月定例会 (第2号12月 5日) 1 企画政策部長(小栗保宏)
  るための介護人材の受入れや、ICT技術の導入による行政サービスの効率化、実証成果の
平成28年12月定例会 (第2号12月 5日) 2 木本文也
  、医療、介護、住まい、生活支援、介護予防の五つの要素を組み合わせ、住みなれた地域で
平成28年12月定例会 (第2号12月 5日) 4 市民福祉部長(伴幸俊)
  例えば、介護と子育ての悩みを同時に抱えるダブケアなど複合課題を抱える世帯に対して、
平成28年12月定例会 (第3号12月 6日) 9 市民福祉部長(伴幸俊)
  はじめ、介護事業所などの民間事業所に依頼をしているところです。平成28年4月から1
平成28年12月定例会 (第3号12月 6日) 1 田代研
  ている要介護高齢者や障がい者等の情報を把握し、要介護状態区分、身体障がい者手帳の
平成28年12月定例会 (第3号12月 6日) 1 教育行政部長(宮川龍也)
  めにも、介護予防教室や市民スポーツの機会の充実は必要なことであり、積極的な展開に
平成28年12月定例会 (第3号12月 6日) 12 水野博史
  により、介護保険制度や障害者総合支援法のサービスを利用しない者、行政サービスを拒否
平成28年12月定例会 (第3号12月 6日) 1 社会部長(塚本誠)
  や育児・介護支援など、現役世代を支える分野におきまして、シルバー人材センターが就業
平成28年12月定例会 (第4号12月 7日) 2 根本美春
  、育児・介護休業法の改正により、特別養子縁組の監護期間中の子が対象に追加さ
平成28年12月定例会 (第4号12月 7日) 13 大村義則
  項目1、介護の問題について質問いたします。  介護保険をめぐって一昨年の法改定で要
平成28年12月定例会 (第4号12月 7日) 10 市民福祉部長(伴幸俊)
  問・通所介護が提供されるサービスと、その基準を一部緩和したサービス、これが設定さ
平成28年12月定例会 (第4号12月 7日) 1 副市長(杉山基明)
  条例は、介護休暇の取得可能期間の変更、介護時間、時間外勤務免除の設定について記載の
平成28年12月定例会 (第4号12月 7日) 1 窪谷文克
  度からの介護予防事業の総合事業への移行について、市民への周知方法はどのようなものか
平成28年12月定例会 (第4号12月 7日) 1 榎屋小百合
  1点目、介護保険サービス事業者の指定申請等に係る手数料の設定に至った理由について。
平成28年12月定例会 (第5号12月19日) 1 環境福祉委員長(木本文也)
  号豊田市介護保険条例の一部を改正する条例について、「介護認定審査会の任期を改正した
平成28年12月定例会 (第5号12月19日) 1 根本美春
  す。  介護保険サービスの総合事業への移行による現行相当サービスの削減が危惧されて
平成28年12月定例会 (第5号12月19日) 1 岡田耕一
  号第6号介護・福祉・医療など社会保障の施策拡充についての請願書に対して、採択しない
平成28年12月定例会 (第5号12月19日) 1 古木吉昭
  号第6号介護・福祉・医療など社会保障の施策拡充についての請願書について2点意見を申
平成28年12月定例会 (第5号12月19日) 1 議長(近藤光良)
  号第6号介護・福祉・医療など社会保障の施策拡充についての請願書について採決します。