操作方法 会議録の検索 会議録の閲覧 トップページへ

■検索キーワードと検索条件の指定
■会議期間の指定 から
まで
■発言者
■答弁者
■議長/委員長

■会議録種類の指定
すべて
本会議録
予算特別委員会会議録
決算特別委員会会議録
総務常任委員会会議録
産業労働常任委員会会議録
農林水産常任委員会会議録
農政環境常任委員会会議録
建設常任委員会会議録
文教常任委員会会議録
警察常任委員会会議録
健康生活常任委員会会議録
健康福祉常任委員会会議録
議会運営委員会会議録
議員定数等調査特別委員会会議録
新議会世話人会
行財政構造改革調査特別委員会会議録
自然災害・復興対策調査特別委員会会議録
少子化対策調査特別委員会会議録
広域連合に関する特別委員会
議会改革等調査検討委員会
議会改革検証委員会
議員定数等調査特別委員会小委員会会議録
選挙期日と議員任期のあり方検討会会議録
討論
決議
請願文書表
意見書
陳情文書表

平成25年総務常任委員会( 1月16日) から  平成26年農政環境常任委員会(12月16日)までの中で  鉄道  が含まれている本会議録、予算特別委員会会議録、決算特別委員会会議録 は 62件  ありました。

○検索該当年をクリックすると、該当する年の検索結果を表示します。
平成26年 平成25年

○会議日をクリックすると、発言内容を表示します。
本会議録 Page 該当 発言者名
平成26年 2月第322回定例会 (第1日 2月18日) p.8 1 知事(井戸敏三)
  神戸市、鉄道事業者等とともに、基本構想を策定の上、再開発を推進します。産業集積
平成26年 2月第322回定例会 (第4日 2月25日) p.83 1 春名哲夫議員
  の地元は鉄道のない宍粟市ですが、やはり道路事情や公共交通の利便性など、都市部と比べ
平成26年 2月第322回定例会 (第4日 2月25日) p.85 2 県土整備部長(濱田士郎)
  す。  鉄道やバスなど、公共交通の少ない地方部では、道路は人々の暮らしを支え、産業
平成26年 2月第322回定例会 (第4日 2月25日) p.90 1 あしだ賀津美議員
  している鉄道路線であります。神戸電鉄谷上駅から新神戸駅まで、六甲山を7キロメート
平成26年 9月第324回定例会 (第2日 9月26日) p.38 1 副知事(吉本知之)
  まして、鉄道やバスのダイヤ、病院や商業施設の営業時間、登下校時間などの目的に合った
平成26年 9月第324回定例会 (第4日 9月30日) p.117 1 小池ひろのり議員
  節点で、鉄道だけで1日延べ約68万人の乗降客が利用しており、交通拠点の要となっていま
平成26年 9月第324回定例会 (第4日 9月30日) p.146 1 産業労働部長(石井孝一)
  まして、鉄道駅舎のエレベーター設置などのバリアフリー化など、ユニバーサル社会づく
平成26年 9月第324回定例会 (第5日10月 1日) p.184 1 五島たけし議員
  いは播但鉄道が整備され、日本の黎明期を支えてきました。また、臨海部の重厚長大企業の
平成26年12月第325回定例会 (第2日12月 5日) p.29 1 石井健一郎議員
  、道路、鉄道、電気、水道、ガス、電話などのライフラインの寸断等、広範囲において全て
平成26年12月第325回定例会 (第4日12月 9日) p.106 1 藤井訓博議員
  、県内の鉄道会社やバス会社等に重要施策のスローガンをステッカー等にした上で、車体添
平成26年12月第325回定例会 (第4日12月 9日) p.108 1 知事(井戸敏三)
  図るため鉄道・バスを地域の住民で支える意識の醸成が課題となることもありますが、まち
平成26年12月第325回定例会 (第4日12月 9日) p.130 1 黒川治議員
  められ、鉄道沿線に市街地が発展し、教育機関、文化施設にも恵まれています。また、関西
予算特別委員会会議録 Page 該当 発言者名
平成26年度予算特別委員会 (第4日 3月 5日) p.97 1 池畑浩太朗委員
  いろんな鉄道や商業や住宅地を含めた、先を見据えた事業を小林一三さんはされてきたと。
平成26年度予算特別委員会 (第5日 3月 6日) p.187 1 川井田清信委員
  道路網、鉄道網も発達しており、大阪や阪神南圏域、神戸圏域との交流も多いところであ
平成26年度予算特別委員会 (第8日 3月11日) p.336 2 水田裕一郎委員
  る中で、鉄道やバスなどの公共交通が果たす役割がますます大きくなってきている。  こ
平成26年度予算特別委員会 (第8日 3月11日) p.336 1 県土企画局長(古川直行)
  地方部の鉄道路線としては、全国的にも例のない成功事例であると認識している。  この
平成26年度予算特別委員会 (第8日 3月11日) p.339 1 小池ひろのり委員
  節点で、鉄道だけで1日延べ65万人の乗降客が利用しており、交通拠点の要となっている。
平成26年度予算特別委員会 (第8日 3月11日) p.339 1 都市計画課長(舟久保敏)
  つ目に、鉄道・バスなどのターミナルが点在し、乗り換え等の利便性が低いこと、三つ目に
平成26年度予算特別委員会 (第8日 3月11日) p.340 2 まちづくり部長(大町勝)
  神戸市と鉄道事業者との緊密な連携を図りながら、積極的、主体的な取り組みを進めていく
平成26年度予算特別委員会 (第8日 3月11日) p.351 2 道路街路課街路担当参事(服部洋平)
  管理者で鉄道会社とともに具体的な対策内容を検討しており、県としては、例えば、予算確
平成26年度予算特別委員会 (第10日 3月14日) p.453 1 県土整備部長(濱田士郎)
  のもと、鉄道やバスの利用促進を図り、持続可能な公共交通の実現に取り組むこととしてい
平成26年度予算特別委員会 (第10日 3月14日) p.453 1 仲田一彦委員
  R、北条鉄道を通じて粟生線を利用されるということを考えると、やはり適切な役割分担は
平成26年度予算特別委員会 (第10日 3月14日) p.453 1 知事(井戸敏三)
  ところが鉄道もあるので、従来は、利用者の負担で整備し、維持されるべきだというふうな
決算特別委員会会議録 Page 該当 発言者名
平成25年度決算特別委員会 (第4日10月 8日) p.119 1 安福英則委員
  通面での鉄道やバスの利用促進に期待している。  また一方で、中心市である豊岡市への
平成25年度決算特別委員会 (第6日10月10日) p.235 1 安福英則委員
  の当時、鉄道が通ってなかったという危機感で、全く共通している訳ではないが、地域自
平成25年度決算特別委員会 (第8日10月15日) p.356 1 道路保全課長(濱浩二)
  年間で、鉄道をまたぐ橋梁など重要度が高く対策が急がれる橋梁324橋について、橋桁や橋
平成25年度決算特別委員会 (第10日10月17日) p.473 1 栗山雅史委員
  、これは鉄道みたいなもの、モノレール、地下鉄、自動車運送事業、電気事業、ガス事業と