操作方法 会議録の検索 会議録の閲覧 トップページへ

■検索キーワードと検索条件の指定
■会議期間の指定 から
まで
■発言者
■答弁者
■議長/委員長

■会議録種類の指定
すべて
本会議録
予算特別委員会会議録
決算特別委員会会議録
総務常任委員会会議録
産業労働常任委員会会議録
農林水産常任委員会会議録
農政環境常任委員会会議録
建設常任委員会会議録
文教常任委員会会議録
警察常任委員会会議録
健康生活常任委員会会議録
健康福祉常任委員会会議録
議会運営委員会会議録
議員定数等調査特別委員会会議録
新議会世話人会
行財政構造改革調査特別委員会会議録
自然災害・復興対策調査特別委員会会議録
少子化対策調査特別委員会会議録
広域連合に関する特別委員会
議会改革等調査検討委員会
議会改革検証委員会
健康福祉常任委員会条例検討小委員会
議員定数等調査特別委員会小委員会会議録
選挙期日と議員任期のあり方検討会会議録
討論
決議
請願文書表
意見書
陳情文書表

平成28年選挙期日と議員任期のあり方検討会( 1月 8日) から  平成29年健康福祉常任委員会条例検討小委員会(12月22日)までの中で  地球温暖化  が含まれている本会議録、予算特別委員会会議録、決算特別委員会会議録 は 72件  ありました。

○検索該当年をクリックすると、該当する年の検索結果を表示します。
平成29年 平成28年

○会議日をクリックすると、発言内容を表示します。
本会議録 Page 該当 発言者名
平成29年 2月第335回定例会 (第1日 2月17日) p.9 1 知事(井戸敏三)
  も新たな地球温暖化対策の計画を策定し、低炭素社会の実現に向けた取組を進めます。  
平成29年 2月第335回定例会 (第3日 2月23日) p.58 1 上野英一議員
  。また、地球温暖化・異常気象による豪雨被害や豪雪被害などが多発をいたしております。
平成29年 2月第335回定例会 (第4日 2月24日) p.75 1 吉岡たけし議員
  省エネで地球温暖化対策にも資する上に、農地自体が防災上役に立つなどの意義があるもの
平成29年 2月第335回定例会 (第4日 2月24日) p.106 1 環境部長(秋山和裕)
  締結後の地球温暖化対策の必要性が増していることを受けまして、低炭素の製品、サービス
平成29年 2月第335回定例会 (第6日 2月28日) p.173 1 野口裕議員
  次兵庫県地球温暖化防止推進計画に基づき、太陽光発電などの再生可能エネルギーの導入が
平成29年 2月第335回定例会 (第6日 2月28日) p.179 1 まちづくり部長(小南正雄)
  しては、地球温暖化を防止する観点から、県としましても、その導入を促進しているとこ
平成29年 2月第335回定例会 (第6日 2月28日) p.195 1 内藤兵衛議員
  を進め、地球温暖化防止や県民の生活向上に寄与することから、県、市町、事業者、県民が
平成29年 6月第336回定例会 (第2日 6月 6日) p.31 1 越田浩矢議員
  す。  地球温暖化対策を進めるため、COP21のパリ協定の合意に基づき、国は、昨年5
平成29年 6月第336回定例会 (第2日 6月 6日) p.40 1 副知事(金澤和夫)
  、本県の地球温暖化対策を後退させることはできません。新計画に基づいて、さまざまな業
平成29年 6月第336回定例会 (第4日 6月 9日) p.117 1 小西隆紀議員
  ション、地球温暖化防止などの多面的機能を有しており、県民共通の大切な財産であります
平成29年 9月第337回定例会 (第2日 9月27日) p.55 1 関口正人議員
  に向けた地球温暖化対策についてであります。  さて、平成27年末にフランス・パリで開
平成29年 9月第337回定例会 (第4日 9月29日) p.111 1 大豊康臣議員
  により、地球温暖化の防止や循環型社会の形成、地域の活性化等の効果が期待されますが、
平成29年 9月第337回定例会 (第4日 9月29日) p.117 1 農政環境部長(藤澤崇夫)
  の形成や地球温暖化防止を図るとともに、地域の活性化に寄与してまいりたいと考えていま
平成29年 9月第337回定例会 (第4日 9月29日) p.133 1 いそみ恵子議員
    県の地球温暖化対策推進計画では、2030年度に温室効果ガス排出を2013年度比26.5
平成29年 9月第337回定例会 (第5日10月 2日) p.173 1 川井田清信議員
   今日、地球温暖化も影響していると思われる局地的な集中豪雨が頻発しており、集中豪雨
平成29年 9月第337回定例会 (第5日10月 2日) p.184 1 松本隆弘議員
  第4は、地球温暖化対策の推進についてであります。  地球温暖化への関心が年々高まっ
平成29年 9月第337回定例会 (第5日10月 2日) p.191 1 副知事(金澤和夫)
  夫)  地球温暖化対策の推進について、私からお答え申し上げます。  温暖化対策には
平成29年 9月第337回定例会 (第7日10月25日) p.209 1 決算特別委員会委員長(上田良介)
  に向けた地球温暖化対策の推進、市町水道事業や地域整備事業等の企業庁事業の着実な推進
予算特別委員会会議録 Page 該当 発言者名
平成29年度予算特別委員会 (第4日 3月 7日) p.121 1 政策創生部長(山口最丈)
  の転換、地球温暖化や南海トラフ地震など大規模自然災害への対応といった課題が生じてく
平成29年度予算特別委員会 (第7日 3月10日) p.311 1 石井秀武委員
  だ兵庫県地球温暖化対策推進計画を検討している。  こうした目標を実現するため、特に
平成29年度予算特別委員会 (第7日 3月10日) p.311 1 温暖化対策課長(小塩浩司)
  の兵庫県地球温暖化対策推進計画では、2015年度の発電量約30億キロワットアワーから2030
平成29年度予算特別委員会 (第7日 3月10日) p.320 1 盛耕三委員
  通じて、地球温暖化をはじめとする環境問題について、県民一人ひとりの意識の向上や県民
平成29年度予算特別委員会 (第7日 3月10日) p.320 1 環境政策課環境学習参事(加嶋幸彦)
  験館は、地球温暖化をはじめとする環境問題について、見る、触れる、作るなどの体験を通
平成29年度予算特別委員会 (第10日 3月16日) p.485 1 入江次郎委員
  題である地球温暖化防止と原発に頼らないエネルギー普及を促進するため、住宅用太陽光発
決算特別委員会会議録 該当 発言者名
平成28年度決算特別委員会・速報版 (第3日10月 6日) 1 大豊康臣委員
  る。  地球温暖化対策では、CO2排出抑制とともに森林吸収源対策が求められており、
平成28年度決算特別委員会・速報版 (第4日10月10日) 1 関口正人委員
  、これは地球温暖化によって海面の温度が高くなってきたことが大きな理由ではないかと考
平成28年度決算特別委員会・速報版 (第7日10月13日) 2 石井健一郎委員
  いては、地球温暖化対策を推進するため、2030年度に発電量70億キロワットアワーの再生可
平成28年度決算特別委員会・速報版 (第7日10月13日) 1 環境部長(秋山和裕)
  た兵庫県地球温暖化対策推進計画においては、2030年度の再生可能エネルギー導入目標を発
平成28年度決算特別委員会・速報版 (第7日10月13日) 1 環境政策課長(梶本修子)
  に加え、地球温暖化防止の面からも極めて重要であり、今後とも、県民、事業者、行政が
平成28年度決算特別委員会・速報版 (第7日10月13日) 1 庄本えつこ委員
   県は、地球温暖化対策推進計画で、2030度目標を2013年度比26.5%削減とし、国基準
平成28年度決算特別委員会・速報版 (第7日10月13日) 2 温暖化対策課長(小塩浩司)
  ている。地球温暖化対策を推進するという観点から、平成24年に地球温暖化対策のための課
平成28年度決算特別委員会・速報版 (第7日10月13日) 1 高橋みつひろ委員
  気汚染や地球温暖化対策として、石炭など化石燃料からのエネルギー転換を進めているのが
平成28年度決算特別委員会・速報版 (第7日10月13日) 1 環境管理局長(春名克彦)
  た兵庫県地球温暖化対策推進計画では、再生可能エネルギー導入目標を、2015年度の発電量
平成28年度決算特別委員会・速報版 (第8日10月16日) 1 森脇保仁委員
  る津波や地球温暖化による気候変動が原因で多発する線状降水帯による集中豪雨など、浸
平成28年度決算特別委員会・速報版 (第10日10月18日) 2 石井健一郎委員
  、兵庫県地球温暖化対策推進計画に基づき、低酸素社会の実現を目指し、再生可能エネルギ
平成28年度決算特別委員会・速報版 (第10日10月18日) 1 企業庁次長(伊藤裕文)
  今後とも地球温暖化防止に向け、創エネ、省エネの取組を積極的に推進していく。  
平成28年度決算特別委員会・速報版 (第11日10月20日) 1 水田裕一郎委員
   近年、地球温暖化の影響と思われるゲリラ豪雨、都市化の進行による保水機能を有する田
平成28年度決算特別委員会・速報版 (第11日10月20日) 1 中野郁吾委員
  る。  地球温暖化対策についてである。  日常生活や経済活動で排出される二酸化炭素
平成28年度決算特別委員会・速報版 (第11日10月20日) 1 環境部長(秋山和裕)
  次兵庫県地球温暖化防止推進計画では、特に、県内排出量の64%を占める産業部門に対し、